Entries

二次の記述終了後にすべきこと

皆さん,ブログをご覧頂きありがとうございます。国家総合職の二次の筆記も終わり勉強モードは終了です。ひとまずお疲れ様でした。あとは面接ですね。そして合格してからは官庁訪問ですね。これまで準備にかけてきた時間に比べれば残りあとわずかです。最後まで体調を崩すことなく人事を尽くしていきましょう。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 さて,今回は二次試験の筆記終了後に何をすべきかを書いていきたいと思います。具体的には面接の準備ということになると思います。人事院面接と官庁訪問それぞれについて私が考える良さそうな準備の仕方を簡単に書きます。

まず人事院面接についてです。もう既に皆さんご存知だと思いますが,人事院面接は約20分で面接官3名(人事院職員1名,他の官庁の人事課採用担当2名)により行われ,AからEの五段階で評価されます。Eになってしまうと他の成績に関わらず不合格が決まってしまいますが,しっかり準備をして臨めばEになることはまずありません。

 私が人事院面接に向けて行った準備は面接をとにかく何回もする、②面接カードを人に見てもらうの二点です,ありきたりですね笑 多分誰に聞いても準備に大きな違いはないと思います。

 ①は相手に効率よく伝えたいことを伝えるためにも絶対に必要です。分かりやすく書くことと分かりやすく話すことは全く違います。話し言葉では、分からなかったからと読み返すということはできないのでできるだけ平易にかつ一文一文を短くする必要があります。また,聞かれている以上に話しすぎないことも大切です。もう次の話題に進みたいのにいつまでも話されてしまうと面接官はうんざりしてきますから印象が悪くなってしまいそうです。

聞かれたことに的を絞って長くても30秒くらいでまとめて相手のリアクションを挟んでから次を話すようにするのが良いと思います(実際に話してみると30秒って結構長いですよ)。

面接の練習方法は何でも良いと思います。友人同士でやるもよし,企業の面接を受けるもよし,LECの模擬面接を受けるもよしだと思います。
ただ,本番により近づけるという点では全くの初対面の年上の方に面接をしてもらえるようなシチュエーションが良いと思います。知り合い同士のときには不意打ちの質問も適宜入れてもらえるとより本番に近づきます笑

 ②は可能ならやっておきましょうという程度です。あくまで面接は受験生が話す言葉が評価の対象だと思うので,面接カードの出来栄えにこだわりすぎる必要はありません。意味の分かる文章か,誤字脱字はないか,字は極端に汚くないかという基本的な点にだけ注意すればあとは面接で勝負するだけです
 
 次に官庁訪問対策についてですが面接の対策自体は人事院面接とほとんど変わるところがないので割愛します。官庁訪問に向けた特別な準備を挙げるとすれば説明会参加等の個別官庁の情報収集だと思います。説明会にたくさん行けということではなく,白書やホームページなども駆使して自分の志望官庁について考える材料を増やしておくことが重要だと思います。そこで得た知識をアピールするのではなくて,その知識を踏まえて生じた疑問を官庁訪問で職員の方にぶつけるのです。そうすると,謙虚な姿勢でかつ熱意などをアピールすることができます笑 単に知識だけアピールするのはマイナスになってしまうので絶対にやらないでください

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 面接対策は試験勉強ほどたくさんの時間は必要ありませんが,やらないでおくととんでもないことになってしまいます。休み休みでいいので,しっかりと準備は進めておきましょう。今回はこの辺で失礼します。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!