Entries

教養と専門のバランス

みなさまこんにちは
合格者アドバイザーの次屋です

今日は霞ヶ関OPENゼミの2日目です
志望省庁は決まりましたでしょうか
是非視野を広げて情報収集をしていきましょう

今回は教養科目と専門科目の比率がテーマですが、
これは受験生のみなさまのバックグラウンドに因るのではというのが
私の意見です

私の場合は大学受験経験の記憶がまだ新しいというタイプ
だったので教養科目は時間内に正確に解く訓練をする程度でした
その代わり、技術区分だけどまだ学部生で、あまり専門性の高い学部に所属していなかったので
専門科目はLECの教材を使いながら一生懸命勉強していました
結果的には[教養]:[専門]=3:7くらいだったかなと思います

大学受験(特にセンター試験とか)の経験があって、その記憶が比較的新しいのであれば、
教養科目の負担は減ると思います
教養科目は科目数が多いので、捨て科目をつくる人もほとんどだと思いますが、
それも大学受験でどのような科目を履修していたか、好きな科目などで
判断してもらうと効率的だと思います
(ちなみに私は歴史系がさっぱり覚えられずだったので、人文科学は全捨てでした…
逆に大学院などまで進学して、院試も受けているからひととおり知識があるというのであれば、
専門科目の負担が減らせます

筆記試験はいよいよ追い込みの時期に入ってくると思います
是非参考にして、「受かるための勉強」をしましょう
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!