Entries

数的処理の克服方法

こんにちは!皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今日は,数的処理が苦手な人向けに,数的処理の克服方法について書きます。年内と年明け別にご紹介します!※ちょっと長いです。


【①年内までの数的処理対策】
国家総合職の基礎能力試験は全部で30問あり,そのうち数的処理は16問出されます。これを苦手だからといって全て捨て科目にするのは非常に勿体無いです。
数的処理で点数を稼げるほど基礎能力試験は有利になります。ですからまずは,苦手な方も,年内の間は逃げずに取り組むことを強く勧めます。数的処理が苦手科目から得意科目に転じた例も複数あるからです(ソースは前のアドバイザーと私の友人)。

具体的な勉強方法ですが,一日の勉強時間の1/3は数的処理の対策に費やしていました。このとき問題集を1冊決めて,3.4周は回します。ノートに綺麗にまとめる必要はなく,罫線のない自由帳や裏紙を使って本試験と似た形で問題を解くことで,本番の計算用紙のスペース配分などの感覚がつかめます。


【②年明け以降の数的処理対策】
それでもどうしても点数が安定しない…という方,結論から言ええば,得意科目にする必要はありません。この時重要なのは,いかに足をひっぱらない程度の点数までもっていけるかだと思います。16問中8問程度を目標にして,年内までに取り組んだ問題集で,何度も間違えたところを重点的に解き,過去問に取り組めば十分といえるでしょう。
ただし,これは条件付です。

・専門試験で8割を目指すこと。
一次試験は基礎能力試験と専門試験が出され,後者の方が配点が高いです(基礎能力試験の配点比率は2/15なのに対し専門択一の配点比率が3/15)。
ここから分かるように優先すべきは専門科目です。最悪,基礎能力試験でしくったと思っても,こちらで挽回することも可能です!!専門試験は年度によりますが,通常6,7割とれればいいと言われています。が,教養の点数が不安定な分,ここで点を伸ばしましょう。
・教養科目を怠らないこと
文章理解,時事は満点を目指しましょう。他の教養科目については,なるべく捨て科目も作らないことをすすめます


数的が苦手な人程,専門試験に注力する必要があります。まずは,残り2ヶ月,数的処理を進めつつも,専門試験の主要科目(法律なら憲法民法行政法)をしっかりと固めてくだされば,年明けてからでもなんとかなります。

引き続き,勉強がんばって下さい!!ヽ(´∀`)ノ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!