Entries

人事院面接について

こんにちは!

今日は,二次筆記試験後に行われる人事院面接(人物試験)について書きます!


人事院面接の概要
人事院面接は二次試験の一貫で,筆記試験の後,区分ごとに受験番号順に行われます。
自分の面接日時は筆記試験当日に知らされます。
一番早い人で筆記試験の翌々日です。
(昨年は筆記試験の翌日に,1次合格者説明会が開催されました。本当に最後の説明会なので,官庁訪問前の総まとめにぜひ参加してください!)
例年通りだと,法律区分が早く,経済区分はその後になるので,経済区分の方は1週間程度準備期間があります。
準備期間があってずるい!と思われる方もいるかもしれませんが,その分後半の方が変な質問も多いと言われています。(あくまで噂ですが・・・)
面接は20分前後,面接官は3人です。
事前に記入した面接カードに沿って質問される形式で,どちらかというと民間企業の面接に近いと思います。
面接で使用するのが面接カードのみなので,面接カードはとっても重要です
面接を成功させるためにも、面接カードは自分が聞いてほしいこと等をしっかり考えて書きましょう!


人事院面接体験談
私は,筆記試験から面接まで約1週間ありました。
しかし,面接カードに書く内容を練る,一般的な質問数問に対する答えを考える以外は特に準備・対策はしなかったので,面接までの期間が長すぎて,気が抜けてだらけてしまったように感じます。
面接カードの準備が十分にできて,緊張感も保てる3,4日後くらいの面接がちょうどいいのかもしれません

内容としては,基本は面接カードに沿ってでしたが,一瞬答えにつまるような変わった質問も多かった気がします。
逆に,答えを準備していった一般的な質問はほとんど聞かれませんでした
面接日程も遅めで,時間も午後だったので,面接官の方々も一般的な質問には飽きてしまったのかもしれません。
(私の勝手な憶測ですがw)
でも,その変わった質問も,面接カードの内容に関連したものなので,面接カードに書いた内容についてはどの角度から聞かれても答えられるようにしておきましょう!
また,面接カードには4つの項目があるのですが,私はそのうちの3つについて詳しく聞かれました。


面接官の中には,各省庁の採用担当の方もいらっしゃいます。
みなさんがよく知っている人事の方が面接官としているかもしれません。
知っている人がいると緊張するか安心するかは人によると思いますが,官庁訪問前のアピールになるかもしれないので,もし志望先の採用担当の方がいらっしゃったら,気合を入れて頑張りましょう!!
ちなみに私も,面接官の一人が志望先の採用担当の方でかなり焦りました(笑)


最後に,人事院面接の評価は多くの人がCだと言われています。
無難にこなせば問題ありませんが,配点もそこそこあるので,上位合格を目指すならAやBを狙いましょう!

高評価を得るために最低限気をつけることとして私がアドバイスしたいのは以下の2つです。

【入室時・退出時の作法】
・「失礼いたします」や「ありがとうございました」等の挨拶は,面接官の目を見て,笑顔ではきはきと
・お辞儀はしっかり丁寧に
【話し方・聞き方】
・終始笑顔ではきはきと話す
・大きめの声で話す(面接官との距離は割とあります)
・はっきりと簡潔に答える
・話している面接官の方を見てしっかりと聞く

どれも面接の対策として一般的なものですね。
でも,人事院面接ではこれらの一般的なことが見られている気がします。
(もちろん,受け答えや話す内容も大事です!!!!)
面接対策をする時間がなくても,最低限の作法だけは確認しておきましょう!
印象を良くするだけでぜんぜん違いますよ!


二次試験まであと少しですね!
頑張ってください!!応援しています!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/879-fc01aff2

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!