Entries

ラストスパート!直前期の勉強法

こんにちは!
もう5月になってしまいました
一次試験が着実に近づいてきていますね

今日は、短期集中直前型の私が、一次試験の直前期に何をやっていたかについて紹介します。
時間がない人や合格できるか不安で焦っている人は参考にしてもらえればと思います。
(具体例が経済区分向けになってしまいますが(ごめんなさい)、他の区分にも応用できると思います。)


①勉強する科目を絞る
広く浅く勉強するよりも、数科目に絞ってこの科目ならまかせろ!ってくらい集中した方が効率的かつ確実に点数を稼ぐことができます。
私が最後の2、3週間で集中して勉強したのは、経済原論計量経済学です。
経済原論は出題数が最も多く、他の科目にも応用が利く重要な科目であり、
計量経済学は、他の必須回答科目に比べて範囲が限られており、解法を覚えれば解ける問題がほとんどだからです。(個人の好みの問題でもあると思いますが笑)
この2科目の問題集をひたすら解いていました。

②暗記科目は隙間時間を活用する
私が直前期(試験2週間前くらい~)に勉強していた暗記科目は、経済事情経営学時事問題です。
暗記科目についても、①で述べたように最小限にとどめることをおすすめします。
そして、暗記科目は特に勉強する時間を確保するのではなく、ちょっとした時間を活用するようにしていました。
私がやっていたのは、
・覚えなくてはならない事を大きめの付箋に書いて、目につくところに貼っておき、ふとしたときに覚えているかどうか確認する。(覚えていたらその付箋は捨てる)
・時事問題に関しては、時事白書ダイジェストの講義音声をダウンロードして寝るときに聞いたり(意外と覚えられます!)、移動中に聞いたり。
・勉強に疲れたときなどに、講義音声を聞きながらストレッチする。(体を動かしながらだと暗記しやすいらしいですよ!)
・寝る直前に暗記事項5つくらいを頭にいれる⇒朝起きて一番に復習する

などなど。これだけでも結構暗記できます!
追い込み期の時間は有効に使いましょう!!

③山を張る
国総試験の範囲は広いので、山を張るのは難しいですし、適切な勉強方法とは言えないと思います。
しかし、時間が限られている中、どこを勉強するかを決める際のある程度の予想は、効率的に勉強する上では必要です。
数年分の過去問を見ると大まかな傾向はわかりますが、そこまで大胆に予想&山張りができなかった私は、前年の出題分野を勉強内容から除くという方法をとりました。
最近出題された問題が今年出題される可能性はゼロではないですが、かなり低いと考えられます。
出題されないのであれば、その分野を直前に必死で勉強する必要はないですよね。
この方法なら、山を張るのが苦手な人でも、比較的低リスクで直前期の勉強内容を絞ることができます。


以上が私の追い込み期の主な対策です。
他にも、上記の勉強にあまり身が入らないときは、気分転換に数的処理財政事情を少しだけやったりもしていました。

あとは、全く答えがわからなかった問題用に、試験当日のラッキーナンバーを確認しました(笑)


追い込み期の勉強によってまだまだ点は伸びます。
自分にあった追い込み方法で、得点できるところを確実にとり、合格ラインを突破しましょう!!

ラストスパート!!!頑張ってください!!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/877-9824564c

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!