Entries

あなたも必ず公務員になりたくなる!?~公務員に関する例え話②~

こんにちは。アドバイザーの川本です!
とうとうアドバイザーとして最後の記事になってしまいました・・・
(ブログは4月以降も更新されます。詳しくは後ほど)


今回の記事では、以前に公務員の例え話①(3月10日の記事)の続きで
【公務員の例え話②】について書きます。
以前の魚釣りの話は公務員一般というイメージの話でしたが、今回は法律などを作成する国家公務員に寄せた話です。
前回と同様これも人から聞いた受け売りですので、悪しからず。


国家公務員の特徴として現場や人々に直接的に関わることが少ないといった点があると思います。
(魚釣りの話で言えば、直接子どもに関わることや釣り道具を手に入れることは国家公務員的な仕事と乖離があるかもしれません)
では、例え話の中身に入りましょう(前回よりも概念的な話ですw)


【サッカーの話】
あるサッカーの試合を考えてみてください。
試合を適切に行うためにはどのような人々(主体)が必要でしょうか。

まず、最初に思いつく主体として選手(プレイヤー)がいます。
当然ですが、選手が居なければ試合そのものが成立しません。

次に、観客という主体が必要なことも分かると思います。
例えば、選手が試合を行うためには選手に給与を支払わなければなりません。
そのためには、観客を動員することでチケット代等から収益を挙げる必要が生じます。
また、大勢の観客がいることで試合自体も盛り上がります。


選手と観客の2つの主体がいれば、サッカーの試合は成立すると思うかもしれません。
しかし、実際には他にも様々な主体が欠かせません。
例えば、サッカーのルールそのものを作成・改善していく人々。スタジアムの整備をする人々(芝の手入れ、照明の管理など)。ピッチ上で審判を行う人々などなど。
ここではこれらの主体を「管理主体」と総称して呼ぶことにしたいと思います。

察しの良いみなさんならお分かりかと思いますが、まさに「管理主体」こそ公務員の役割なのです。
ルール作成やスタジアムの整備などが国家公務員に課せられた職務であると想像つくかと思います。


では、上記の主体を一般的な社会に当てはめてみましょう。

1)選手(プレイヤー)
→社会では民間企業と想定できます。
「選手がパフォーマンスを発揮すること=民間企業が企業活動を行うこと」と捉えることができます。
(例)自動車産業:大手自動車メーカなど

2)観客
→社会では一般的な大衆と想定できます。特に消費者と捉えると分かりやすいかもしれません。
「お金を支払い試合を観戦することで効用を得ること=ある財を購入して効用を得ること」となります
(例)自動車産業:車の買い手

3)管理主体
→社会では一般的な公務員と想定できます。
「ルールの作成・改善=公正な競争を促す政策」
「スタジアムの整備(観客を危険から守る)=国民の安全な暮らし」
「審判=行政指導、業界団体への働きかけ」などと考えることができます。
(例):自動車産業:ルール作り=法律作り(安全基準、カルテル規制)、整備=環境への配慮(エコカー減税)、審判=行政指導


この例え話は以下のことが伝えたいものかと思います(個人的な考えです)
すなわち、この3者を考えたときに自分はどのような働き方で社会で生きていくかということです。
観客については、消費者ですので、働くという側面はありませんが、他の2つには働くことと関連があります。

(A)選手
選手として働くということは、まさに市場で利益を追求し、いかに消費者(観客)を集め、買ってもらうかということを考えるということです。「選手として観客を喜ばす」、つまり「企業として商品を消費者に売ることで効用を引き出す」ということを目的にするでしょう。
選手として働くメリットデメリットとして以下の例が挙げられるでしょう(他も考えてみてください)
○:目立つ。自分の仕事の成果が見えやすい。(選手として活躍すれば分かりやすい)
×:ある特定の市場・消費者のみにしかアプローチできない。(そのチームのある試合にしか出られない)

(B)管理主体
管理主体として働くということは、民間企業(選手)、消費者(観客)などの主体の公正な競争や安全な暮らしを考えるということです。
管理主体のメリットデメリットの例としては以下の通りです。
○:多くの人々・分野に関われる。社会の成立に不可欠である。(管理主体がいないと試合がそもそもできない)
×:仕事の成果が見えにくい。より個人に深く関わることが難しい(選手や観客個々に関わるわけではない)


この例え話を通じて、みなさんには自分がどのようなときに満足感を感じるかということも考えてもらえればと思います。
国家公務員は、人から感謝の言葉をたくさんもらうような仕事ではないと思います
なぜなら、国家が円滑に運営されていくために、その仕事を遂行することは当たり前だからです。
その一方で、その仕事がなければ国家が立ち行かなくなるという責任もあります
ぜひ、民間企業との比較や他の公務員と国家公務員の違いなど、自分なりに考えてみてください。


最後に【今後のブログについて】です。
私たちは明日より社会人になりますが、4月以降もブログは続きます(官庁訪問前まで)。
試験勉強で忙しいと思いますが、直前期の追い込みや2次試験対策、官庁訪問の体験記などなど
有用な記事を更新していきますので、ぜひブログをみて頂ければと思います。
更新日に関しては、これまでは週2回、火曜&金曜の13時でしたが
4月以降はリアルタイムの更新ではなく、3月までに書き溜めしていた記事の更新のみになるため
毎週金曜日13時の週1回の更新となります。

※1次試験・2次試験・官庁訪問開始前日には合格者アドバイザーからの応援メッセージをご用意しています!!(和氣 追記)

最後になりましたが、半年間ありがとうございました。
これから試験、官庁訪問と多くの困難に直面するとは思いますが、
絶対に国家公務員になるという強い気持ちを忘れずに頑張ってください!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/846-cded434e

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!