Entries

教養区分について①

こんにちはアドバイザーの廣兼です

今回はだいぶ近づいてきている教養区分についてお伝えします。

まず一言伝えたいのは…

無料なんで受けましょう(笑)!!!

何でかというと大きなメリットがごろごろあるからです


まず受かったときのメリットとして、

①他区分での受験予定でも,合格という資格得ることで,ノーストレスで勉強できる。
民間就活をすることが可能になる。
③春採用に失敗していても,秋採用の枠での入省が可能になる。
実質倍率が低く合格しやすい


僕が受けたときは欠席が半分近くいました。
(法律区分だと実質受験者は申込者の8割位だそうです。)
1次合格率はどの区分も申込者の10%前後になっています。
つまり実質合格率は20%!!とってもお得です(笑)


逆に落ちたとしてもメリットは、

①他区分の教養試験とまったく内容が一緒なので,いい練習になる。
②試験の雰囲気に慣れることが可能になる。
③一次に通れば人事院面接を経験できる。


こんなにメリットがあるわけです
逆にデメリットはほとんど思いつきません(笑)。


他にも,教養区分で内定がどれだけ取れるの?という疑問には,昨年の人事院公表では95名の合格者から約3分の1の28名の内定を出すことになっていて,これはどの区分とも割合が一緒です。


財務省経済産業省外務省国土交通省がこの区分を積極的に採用していて,
僕の知る限り,総務省農水省環境省も採用実績または採用意欲があります


次に、試験内容についてです。
今回は一次試験の内容についてお話します。

教養区分の内容は,他区分の択一にある教養科目と内容が全く一緒ものと2次試験にある政策論文です。
政策論文はlecの授業があるので,それをしっかり聞いていたら大丈夫だと思います。
不安な方は先生に過去問など添削してもらってもらいましょう

ぜひ頑張ってください!!!!!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/739-3d74ef75

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!