Entries

官庁訪問体験記3

みなさま、一次試験の出来はどうだったでしょうか?
おそらく後悔のまま試験を終えた人はほとんどいないと思います...
私も読み間違いのケアレスを3問くらいしました(笑)
ずっと後悔していた私が言うのもなんですが、終わったことを後悔しても仕方ありません
これから、気持ちを切り替えて二次試験対策や併願先の対策を行ってください


今回から、また官庁訪問体験記を再開します。

私が訪問した省庁は1省庁ですが、部門が複数あったので、その中の2つの窓口を訪問しました。


みんな合格で省 A系

〇第1クール

・事前記入用面接シートの提出と当日用面接シートの記入
私の訪問した省庁は予約制ではありませんでした。
午前に受験者全員がある教室に集められ、その日の進行の説明を受けました。

・集団面接(面:受=2:3)
初めの面接です。面接時間は約15分で実質1人5分しかありませんでした。
面接の雰囲気は圧迫気味で、面接官の方も圧迫で行っていたとおっしゃっていました。
質問事項は自己PRや志望動機など基本的な事項でしたが、ストレス耐性を見られていたように思います。

・個人面接(面接官2名)
この日2回目の面接です。
この面接に関しては、進めた人と進めなかった人がいましたが、最終的には進めなかった人でも内々定を頂いている人は多くいました。
面接時間は15分で主に政策関連のことを中心に聞かれました。
私は正直、政策に関して下調べが甘かったので、様々なところで認識の甘さを指摘されました。
面接が終わった後は、2回目の面接は受けない方が良かった…と思うほどでした。

〇第2クール

・個人面接(面接官2名)
この日の面接は全員1回のみで、面接官は第1クールで集団面接を担当した面接官でした。
雰囲気は第1クールで圧迫気味だったことに比べると、比較的和やかになったと思います。
主にどのような仕事に取り組みたいかという内容でした。
ここでは前回の反省を活かし、自分の考えをしっかりと伝えました。

〇第3クール

・業務説明会
この日は面接組と業務説明会組に分かれました。
私は、業務説明会組になり若手職員の方々のお話を聞くことができました。

〇第4クール

・業務説明会
この日も業務説明会のみで、中堅職員の方々のお話を聞けました。

〇第5クール

・集団面接(面:受=4:3)
最終日の面接は課長級の方々と面接を行いました。
質問もクセのあるものが多く苦労しましたが、雰囲気は比較的和やかであったと思います。
準備できてこたえらるような質問はほとんどなかったので、緊張せずに(無理ですが笑)柔軟な頭を持って回答することが重要だと思います。

〇内々定日

内々定解禁時間に内々定を頂きました。


みんな合格で省 B系

〇第1クール

・個人面接(面接官3名)
面接シートはA系で用いた面接シートと同じものを用いて面接を行いました。
面接時間は約15分で、雰囲気は比較的和やかでした。
面接内容も基本的な質問が多く、人事院面接を無難にこなしていれば対応できるものだったと思います。

〇第2クール

・業務説明会(職員:受=1:4)
まず、午前に職員との業務説明会を受けました。
時間は約30分でしたが、ほとんど質問タイムだったので積極的に質問を行いました。

・個人説明会×2
いわゆる原課訪問です。
午後に職員の方と1対1で1時間程の説明会を2回受けました。
室長級の方とお話しできる貴重な時間だったので、色んな話を行いました。

〇第3クール

・個人説明会
この日も前日の個人説明会と同じ形式でしたが、課長の方とお話することができました。
仕事の話から雑談まで様々なことを話しましたが、さすがに緊張しました...

・面談
若手職員の方と面談を行い、他省庁や他系統の現在の選考進捗を聞かれました。
ここでは正直に第2志望とこたえました。

〇第4クール

・集団面接(面:受=5:2)
課長補佐~課長級(もしかすると全員課長級)の方々との面接を行いました。
約30分の面接で、人物面から政策まで様々な質問をされました。
おそらく、ここが一番勝負どころだったと思います。

〇第5クール

・個人面接(面接官2名)
課長級の方と約15分の面接を行いました。
内容は趣味の話ばかりで、非常に和やかでした。
おそらく、形式上の面接で意向確認を行ったのだと思います。


以上が私の訪問した省庁の体験記ですが、私の訪問したところは第3クールあたりまでが勝負だったと思います。
ですので、官庁訪問初日から万全の準備をして面接に挑んでください。
とくに官庁訪問の場合は、人事院面接や自治体の面接以上に「この子を部下として働かせたい」ということを重視して面接を行っていると勝手に感じました。
もちろん、将来的に総合職職員として国を引っ張っていけるかどうかも必要だと思いますが、省内でのつながりが強い分、人間性も重視しているように思います。
実際、職員の方も人間的に尊敬できる方ばかりだったので、そこに惹かれた部分もあります。
以上は私の勝手な妄想ですが、官庁訪問に進むのであれば後悔のないよう準備してください。
他の公務員試験とは違い、職員と話す機会も多くあるので、自分の思いをしっかりと伝えればきっと理解してくれます!

応援しています!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/722-0592429a

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!