Entries

人事院面接

みなさんこんにちは
すでに何人かが人事院面接についての記事を書いていますが、
参考までに私のほうからも人事院面接の体験談を書こうと思います。

私は経済区分で受験をしましたが、日程は2次の筆記試験から
1週間ちょっと経ってからでした。
巷では法律区分のほうが日程が早いと言われていますが、その通りかもしれないですね。

会場は、昨年は人事院関東事務局(埼玉県)で行われました。
形式としては、受験生1人に対して面接官は3人、時間は25分程度でした。
面接官のうち真ん中に座っている方は人事院の職員、両脇は各省庁の人事の方だと言われていますが、
稀に両脇のうち一方も人事院の職員であることがあるそうです。
控え室の雰囲気は、厳かな印象を受けました。
しかし、いざ面接が始まると面接官の方は穏やかな雰囲気でした。

当日は、予め記入した面接カードを持参し、それに基づいて面接が行われます。
面接カードの内容は、

1 力を入れた経験①学業や職務において
         ②社会的活動や学生生活において
         ③日常生活その他において
2 国家公務員の志望動機

面接で聞かれる内容は、この面接カードに記入されていることがほとんどでした。
当然25分という時間なので、もう少し派生したことも聞かれますが、ベースは面接カードに沿ってという形でした。

日程が他の公務員試験と比較して早いこともあって、多くの人は初めての面接がこの
人事院面接になると思います。私もそうでした。
緊張してしまうと思うのですが、それはみんな同じことです。
会場に行くと周りの受験生がすごく賢く見えてしまったりするものですが、
その受験生もあなたのことを同じ目で見ています。
気負わずに挑みましょう!!

また,評価はA~Eの5段階評価になっています。
E評価をもらってしまうとその時点できられてしまうので注意が必要です。
よく言われているのは
「ほとんどの人がC評価で,たまにBやD評価,ごく稀にAやE評価の人がいる。」
というものです。
真偽のほどは分かりませんが,私の感覚でもそれほど差のつく面接ではないように感じました。

以上,人事院面接についてまとめてみました。
あくまでも個人的な印象,見解なので絶対ではないことだけご了承ください。
1つの参考にしていただけたらと思います。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/709-297654c4

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!