Entries

【人間科学】面接対策

皆さん、こんにちは
心理系のM.Mです。

皆さん体調は大丈夫ですか?
大切な時期だからこそ、無理し過ぎず乗り越えていきましょうね。

今日は私の方から面接対策についてお話させてください。

筆記試験を目前にして、面接対策のお話をする理由は、面接も筆記同様に練習をしたほうが良いと実際に試験を受けてみて感じたからです。
自分という人間を短い時間の中でしっかりと面接官に伝えるために、伝え方、伝える言葉を考えておく必要があります。

でも、決して完璧な人間像をつくる必要はなく、自分の持っている良さを少しでも伝えられたら十分だと思います。
何よりも、挨拶、これは大切です。

そして、面接ではよく自己分析が大切と言われます。私はこれにとてもとても苦労しました。
自分のことって、わかっているようで、改めて自分という人がどんな人なのかを伝えようとしても上手に表現できないことが多かったです。
私が自己分析の過程でこだわったことは普段の行動パターンから分析することです。
自己分析として、長所・短所を説明する際に、その具体例を問われる場合があるそうで、私は大体3~5個考えておきました。その時に、自分の行動パターンから長所と短所を分析することは一石二鳥になると思ったからです。

さらに、私は学生時代を通して大したことをした経験がなく、お話の種にも苦労しました。
でも学生時代は長いです。何かしら、何かをしてきているはずで、どんなことでもどこかで何かしら頑張っているはずで、にも関わらず、そこに自分では気付いていないことが本当に多かったと面接対策を通して痛感しました。
自分の一生懸命取り組んだことに大小はなくて、何かに対して自分が頑張ったということ、そこから何を学び、何を得て、それを今後にどう生かせるのかということを自信をもって伝えられるようにすることが最も大切だということを感じました。

なかなか見つからない時、そんな時は、他者の視点も重要になってきました。

志望動機を考える際にも、自分の言葉で、どのようなきっかけがあり、何がしたいのかを伝えられることが大切だと思います。

志望動機の考え方一例
1.志したきっかけ(自身の経験に基づくもの・学びの中での気づき・他者との出会いから・問題意識・自分が取り組んでいる活動等など)【過去・現在】
2.何をしていきたいか【未来】


この2点(【過去・現在】・【未来】)をつなげて考えてみると、自分にしかない志望動機が出来るのではないかなと思います。

心理学でいう「自己実現」の過程として受験勉強をとらえたとき、自分がどういう人で何を考え、どのように生きていくのかを考える経験は試験のためだけでなく、これからに必ず生きてくると思います。
長い時間就くことになるお仕事です。机の学習に疲れたとき、電車に揺られながらでもお散歩しながらでも、すこしずつ考えていけると良いですね。

見つかりだすと案外、少しずつ楽しくなってきます。
それまで少しばかりの辛抱ですね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/704-5470360f

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!