Entries

模試活用法!②

こんにちは、M.Hです。
今回は模試活用シリーズ第2弾です!

さて、今週で総合職の択一公開模試が終了しました。
もちろん、順位や正式な点数が公開されるのはまだ先ですが、択一なのでご自身での答え合わせは終わっていると思います。結果はどうだったでしょうか。

模試の大まかな活用法は前にK.Sが書いてくれたのであまり繰り返しませんが、今回は模試の結果が思わしくなかった方への記事を書きたいと思います。

私は去年のこの模試の申込みに間に合わず、択一と記述が一緒になった模試しか受けられませんでしたが、その模試の結果は悲惨なものでした。

教養は足きりすれすれ専門も半分ぐらいの点数しか取ることができなかったです。

しかし、試験に合格した今、この模試を思い返せば、模試でこのような結果を得られたことが、本番に向けた直前期の勉強の指針になったと思います。

具体的にどのように勉強法を改めたかというと…
1.間違えた「問題」というより、特定の「教科」自体が壊滅的だったため、その教科への対策が不十分なことに気づくことで、本番まではその教科の勉強時間を増やした

2.その教科を一からやる時間はすでに無かったため、教科のうち総合職に良く出る範囲だけ、集中的に勉強した(本来ならばこのような勉強法は望ましくないですが、このような状況下での苦肉の策でした)

3.苦手な教科の勉強に時間を割いて、他の教科が疎かになるのも直前期としては怖かったので、苦手科目に時間を割く分、単純に勉強時間を増やした

結果としては、本番では模試よりも20点以上点数を上げて、無事一次試験を突破することができました。

このような私なりの体験談から、模試の結果が思うようなもので無かった方に伝えたいことは

「模試だから、本番ではないから」といって結果を反省しない、というようなことが無いよう、この結果から直前期に向けた勉強法を考え直す(考えた結果、変更の必要がないという判断もあり)
しかし、模試の結果に悩みすぎない。勉強法を見直した後は、クヨクヨせずにできるだけ勉強をする

こんなところです。
良くも悪くも「模試」です。「本番ではない」ということの意味を意識してこれからの勉強を頑張ってください。


最後に、私のように「模試の存在自体知らない」「申込みを忘れた!」という人が出ないように、次回の模試のお知らせです。

国家総合職択一記述公開模試(会場受験の場合)
実施日:【3/22・23】【3/23・3/24】【3/24・25】のいずれかを選択
申込締切日:3/15(土)
※自宅受験も出来ます。会場・自宅受験共に詳細はLECのホームページで確認してみてください!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/701-e6b6ed66

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!