Entries

公務員試験の併願⑤

こんにちは
心理系のM.Mです。
お久しぶりの投稿となりました。
皆さん、体調は大丈夫でしょうか?無理をしすぎず頑張っていきましょうね
今回は、私からも併願についてお話させてください。

心理系の公務員は併願が難しいというお話を耳にすることが多かったことに加えて、情報もあまりなく、私はこの時期から、併願についてどうしたらよいのだろう……ととても心配でした。
試験日程や体力の問題に関しても不安ですよね

そこで、まず、私が併願先を決めた経緯についてお話してみたいと思います。
 私は、自身の身近で起こった出来事をきっかけに、非行や家族の問題に携わりたいという思いを持つようになり、その思いから家裁調査官のお仕事に魅力を感じ、家裁調査官を目指しはじめました。
 家裁調査官というお仕事について理解を深める一方で、他にも公務員の心理職が存在すること、そしてそのお仕事内容について知れば知るほど、それぞれのお仕事にも魅力を感じました。

 そこで、試験の申し込みに関しては、良い悪いは別問題として、第1志望は家裁調査官になることでしたが、とにかく自身の中にある軸の方向性でのお仕事に携われるところで、試験の日程が重ならず、第1志望の試験対策に負担にならない試験科目で申し込める試験は全て申し込んでみるという方針で進むことに決めました。先日の工学系のH.Mさんのお話の中にもあったようにリスク管理という側面もありました。

 そして、少し不安だった体力の問題はその都度、自分の状態を考えて受験しに行くことができる状況かどうか考えるという姿勢で臨みました。
そのため、私の場合は試験勉強は第1志望の家裁調査官の対策に重点をおいて、その他の試験勉強は試験1~2週間前に受験するか決めてからその試験の過去問等に取り掛かるという方針で臨みました。(この方針はとてもドタバタしますので、ご参考までによろしくお願い致します。)

その結果、以下の併願先、志望順位となりました。
①裁判所職員総合職(人間科学)(家庭裁判所調査官補)
②国家総合職(人間科学区分)
③法務省矯正心理専門職
④都庁Ⅰ類B(心理)


私が併願先として選んだ理由を簡潔にお話させてください。 
①裁判所職員総合職(人間科学)(家庭裁判所調査官補) 
 当初からの私の第1志望でした。少年事件の当事者や家事事件の当事者と向き合って、その関わりの中で、目の前の問題を一緒に考えていくことを通して、少年の立ち直りのきっかけづくりができること、家族の問題に関わっていけることにとても魅力を感じました。少年を取り巻く環境面への働きかけができる点、家族の問題にも携われるということがやはり最後の決断の決め手となりました。

②国家総合職(人間科学) 
 施策と現場の両方に携わることが出来るという点がとても魅力的でした。正直に言いますと受かると思っていませんでした。それだけに、官庁訪問にて各省庁の魅力に触れ、最後になって、当初からの第1志望であった家裁調査官のお仕事への思いと拮抗しどちらを選ぶかの決断に悩みに悩みました。
 
③法務省矯正心理専門職 
 少年鑑別所の鑑別技官として働きます。非行行為を行った少年たちの資質鑑別を行います。その中で、少年と向き合っていけるところに魅力を感じました。優先順位から、家裁が受かった時点で2次試験を辞退しました。

④都庁Ⅰ類B(心理) 
 児童相談所の心理判定員等のお仕事をします。子どもを対象に援助できるという点で魅力を感じていました。優先順位から、家裁が受かった時点で2次試験を辞退しました。

 



私自身、試験を受けてみて体験したのですが、実際に受験し、面接などで、職員の方々とお話しする中で当初は考えていなかったところに魅力を感じること、志望順位が変わることもあると思います。それはそれでとてもよいことだと思うので、その時は自分の原点に戻って考えて、決断していくことが大切だと思います。


 そして、心理・福祉系の公務員は主に対人援助のお仕事になってくると思います。行政の立場で、第1線で、当事者との関わりの中で等、その携わり方は様々あります。自分がどういう人を対象にどのような立場でどのようにアプローチをしていきたいのかということを繰り返し考えて明確にしていくことが大切になってきます。

 自分が第1志望とする受験先以外のお仕事の内容もしっかりと理解したうえで数ある心理・福祉系の職種の中で、その職業に就きたい思ったきっかけとともに、なぜ自分は他の職業ではなく、その仕事に就きたいのかということを明確にしていくことが求められるのだということを直前にドタバタと行った面接対策や、実際の面接において痛感しました。
 なので、皆さんは私のように直前になって焦るということが極力ないように、今からぼちぼち考えてみてくださいね


 自分だけではなかなか見つからないこと、たくさんあると思います。そんな時は迷わず、お話しに来てくださいね。
 一緒に考えていくことが出来れば何よりです。その際は中野本校にお問い合わせの上、いらしてくださいね
 お待ちしています



 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/692-c9a02a22

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!