Entries

技術系!!教養科目勉強法

こんにちは!技術系アドバイザーのH.Mです!
今回で総合職ブログは、今年最後の投稿です。
来年からもよろしくお願いいたします! (次回の投稿予定日は1月7日です)

今日は、私の教養科目勉強法&捨て科目についてお話したいと思います!

ただし、私は工学区分で受験したので、 あくまで技術系の区分で受験する方々に参考にしてほしいと思います。

まず、技術系の場合は法律区分や経済区分に比べ、一般的に教養の足切り点が低い傾向にあります。
また、教養科目の配点は2/15に対し、記述を含めた専門科目の配点は8/15なので、 教養で確実に足切りをクリアできる知識を身につければ、 残りは専門や面接対策に力を入れたほうがいいと思っています。

したがって、私は最短ルートで確実に教養の足切りをクリアできる勉強法を念頭に取り組みました。
私の場合、目標は6割程度と設定し、数的処理や現代文、英語などの知能分野で得点を稼ぐことが一番効率がいいと思ったので、知能分野を主に勉強しました。

また、知識分野では大学受験で受験した科目と、比較的問題数が多い時事問題に焦点を当て勉強しました。
歴史に関しては、文系の方に比べスタート時の知識が乏しく、確実にコスパが悪いと思ったので潔く捨てました。

以上を簡単にまとめると、私の勉強した科目は以下のようになります。
(科目は今年度の国家総合職試験を参考)



◎ 力を入れて勉強した
〇 勉強した
× 捨てた

現代文
英語
数的推理
判断推理
図形問題
資料解釈
時事
地学
化学
生物×
日本史×
世界史×
思想×
地理
法律
経済
社会×



一見、捨て科目が多いように見えますが、知識系5問程度です。
仮に知識系に力を入れて勉強したとすると、その分専門科目の勉強時間に時間をとられてしまうので、私はコレでよかったと思っています!
「捨て科目をつくったほうがいい!」とは言いませんが、受験までの時間と合格点までの最短ルートを考えたとき、捨て科目をつくったほうが逆に効率がいいのであれば、私は捨て科目をつくったほうがいいと考えています。

人それぞれ得意科目や不得意科目、また取れる時間も違ってくるので一概にはいえませんが、私の勉強法もすこし参考にしていただければ幸いです!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/686-dc8f2eea

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!