Entries

公務員の併願③

こんにちは,K.Oです。
公務員試験の併願シリーズということで僕の体験を書いていきたいと思います。

最初の自己紹介でも書いたとおり,僕は,国家総合職,都庁,国立大学法人,
裁判所事務官,国家一般職,地方上級の試験を受験しました。
色々と受験した理由は,自分に就職にかなり不安を持っていたからです。

結果としては,国立大学法人は1次試験で落ちてしまいましたが,
その他の試験は何とか1次試験を通過しました。
その後の選考については,
裁判所事務官は,総合職としては最終選考で落ちましたが,特例措置として一般職に合格,
都庁は最終面接を辞退,
国家一般,地方上級は1次面接を辞退させていただくという感じになりました。
以上が結果になります。

では,選考日程はどうだったかを書いていきたいと思います。
まず,試験についてですが,前回のK.Sと同様に,4月末の国家総合職から始まり,
そこから基本的に2週に1度,きついときには毎週試験がありました。
僕は試験勉強があまり計画的に進んでいなかったので,
1つの試験が終わったら,次の試験の科目をやりこむといった感じでした。
これはきついといえばきつかったですが,本命以外の試験についてはいい意味で力を抜いて
受験していたので何とかなりました。

しかし,地方上級の試験は官庁訪問の間の日曜にあったので,
土曜に地元に帰り,日曜に試験を受け,月曜に東京に帰ってくるという日程で,
実家でリフレッシュはできましたが,かなり疲れがたまった覚えがあります。
地方上級との併願を考えている人は,自分が受ける自治体の試験日程を調べ,
官庁訪問との兼ね合いを考えておくといいと思います。

以上の話は自分が頑張ればどうとでもなるのでよかったのですが,
面接がかぶってしまった時は自分では頑張りようがなく,悩みました。
併願をしていれば,運のいい人以外はぶつかる問題だと思います。
僕の場合は,国家総合職の官庁訪問の第1クール初日と都庁の1次面接がかぶる
という最悪なかぶり方でした。笑
どちらに行くべきか,ぎりぎりまで悩みましたが,都庁の面接を受けることに決めました。

そう決めた理由は,確実に就職を決めたかったからです。
もちろん都庁に内定をいただける保証はありませんでしたが,
倍率を考えれば都庁の方が低かったですし,官庁訪問は2日目からもできるので,
なるべく多くの選択肢を残しておきたいという考えがありました。

どちらの面接に行くかを決める中で,官庁訪問に関する様々な噂
(あの省庁は初日に行かないと採用されないなど)が耳に入ってくると思いますが
そういったものに気をとられず,自分の置かれた状況と自分の思いをもとに,
自分で納得できるように決断してください。

また,都庁だけでなく,裁判所事務官の面接も官庁訪問とかぶることがあるかもしれません。

次に試験科目がどうだったかについて書いていこうと思います。

僕は国家総合職の法律区分の勉強をしていたので,教養と法律に関しては
他の試験のために特別なことはしていません。
都庁,裁判所事務官についてはそのままの勉強でいけると思います。

問題は国家一般職と地方上級で,試験科目がかなり増え,別に勉強しなければなりません。
この2つの試験は,専門が,多くの科目からいくつか選ぶ選択式だったので,
僕はその問題数に足りる最低限の科目数を自分で選び,勉強していました。
選んだのは学系(政治学,行政学など)で,経済は全くやりませんでした。
その理由は,単に勉強する時間がなく,自分にとって初見の経済をやるより,
時事や行政法も少し絡んでくる学系をやったほうがいけそうな気がしたからです。笑

そんな状態だったので,知識が中途半端になり,試験のときはかなりきつかったです。
国家一般職の学系は難易度が安定せず,本番の政治学は全くわかりませんでした。
それに比べて,経済はわりと安定しているらしいので,併願を考えている人は
経済を早いうちからやっておくのがいいと思います。
また時間がある人は,その場でできそうな科目を選択できるように,
様々な科目を勉強しておいた方がいいです。

これも自分の状況(総合職の勉強の完成度など)を考えて判断してください。
とにかく併願先の試験科目については,早めに調べ,早めに勉強を始めてください。
そうすれば試験前,本番にあわてなくて済みます。

色々な試験を受けてみましたが,併願は総合職以外に2つくらいでよかったなと思います。
というのも,多くの試験を受けて合格すれば,確かに選択肢は広がりますが,
第一志望にかけられる力は分散してしまうからです。
不安に駆られてできるだけ多くの試験を受けたくなりますが,
自分の本当に行きたいところに集中できるように受験すべきだと思います。

就職決めなければならないのに,試験勉強を計画的にできていないなどの
ダメなところもありましたが,1つの参考にしてもらえたら嬉しいです。
以上,K.Oでした。

次は民間との併願について書きたいと思います。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/670-e1a7609a

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!