Entries

国家総合職を志望したきっかけ②

こんにちは、M.Hです。
今回は私の国家総合職を目指したきっかけを書きたいと思います。
進路に迷う1・2年生は参考にしてみてください。
ただし、「志望理由」ではなく「きっかけ」に過ぎないので、漠然としたものです。

まず、目指すべき進路を決めるにあたり、「一生かけてやるべき、やりがいのある仕事を」という思いから、自分の能力を活かして「人のために働ける」職業を目指そうと考えていました。ここらへんは完全に個人の価値判断ですね。
その中で、真っ先に浮かんだのが弁護士と公務員でした(もちろん、民間が人の役に立たないというのは大きな間違いですよ)。
そこで、進路を決めるにあたって、私はアルバイトで弁護士の業務を近くで見ることにしたのです。
実際にその業務を見てみると、「確かに弁護士による司法的解決は重要であるが、裁判になればお金も時間もかかるし、精神的な負担も大きい。そうであれば、裁判になるよりも前に、争い自体をなくすことが理想的ではないか。」という思いが強くなりました。
その結果、制度を作ることによって紛争の未然防止を図ることが出来る公務員、またその中でも国民全体を支えることができる国家公務員を目指すことにしました。
もちろん、「事前に何でも決めるのではなくて、比較的国民の自由にやらせてみよう」という考えも今はありますし、争いを全て未然に防ぐなんてことは理想論ですけどね。

これまで書いてきた通り、私はほぼ仕事内容だけで進路を決めました。
もっとも、人によってはワークライフバランスなどを考慮して進路を決定する人がいると思いますし、選択にあたって重要視するポイントは人によって違います。
したがって、自分が何を望んで仕事を選ぶのかを分析することが進路選択のスタートとなるでしょう。試験まで1年以上ある方はまだ余裕がありますから、悔いのない選択をするようにしてください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/666-7d6faf8c

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!