Entries

国家総合職を志望した理由⑤


こんにちは!最近空気の乾燥が気になります。はだおです。
この時期になると,本当に卒業できるか不安になってきて,先日教務課に確認の電話を入れてしまいました。もう今年もあと少しですね年内にできるだけ勉強の追い込みをしておくと年明けが楽なので,気を抜かずがんばってください

国家総合職を志望した理由シリーズも今回で5回目を迎えました。みなさんは自分の志望動機が固まってきているでしょうか。面接や官庁訪問では必ず聞かれることですし,今後後悔のない人生を歩めるように,年末年始にご自身の経験等を振り返って考えてみると,勉強も更なるはかどりを見るかもしれません。参考までに僕の志望に至った理由を書きます。


 僕は,国家公務員になりたくてというより,とある省の業務内容に興味を持ったのが入口でした。「国家総合職を志望した理由」ということなので,具体的な言及は控えますが,以前から抱いていた夢を叶えることができる仕事だったのです

 入口はそういう感じですが,当然,公務員という仕事については考えました。
 ある人間がどんな職業に就くかは,その人の職業観というか,仕事に何を求めるかによって大きく変わってくると思います。労働の対価として高い給与を望むのか,プライベート重視で仕事は楽なことがしたいのか,テレビに出て有名になったりしたいのか,などなど。人それぞれいろんな価値観があって,その中に優劣はありません。ただ,僕は生涯続けるかもしれない仕事だから,自分の興味・関心のある分野で,かつやりがいのある仕事がしたいと思いました。

 国家公務員は,給料は安いし,激しく忙しいし,バッシングは受けるし,政治家みたいに有名になれるわけでもありません。
 でも,国内を見ても本当に厳しい生活をしている方々はたくさんいて(たとえば,最近騒がれている生活保護の受給世帯は200万を超えています),世界に目を向けると1日当たり1ドル以下の生活水準で暮らしている人も約13億人もいるそうです。そういった人たちに比べたら,国家公務員の安い給料だって十分恵まれていますし,むしろ大変な生活をしている人たちを救うべく公務に身を投じたいという気持ちになりました。
 また,どんな職業に就いても辛く厳しい嫌な仕事は必ずあると思いますが,国民や果ては地球のためになると思えば,きっとエベルギーが湧いてきて乗り越えられるんじゃないかと,パブリックな仕事ならではの魅力も感じました。
 そして,最近は「政治主導」とか中央官僚の腐敗を正す!とか,政治も世論も国家公務員に対しては厳しく当たってきますが,そんな国民を陰ながら正しい方向に導いていくのが官僚です。議会制民主主義では,政治や行政のアマチュアである一般国民の声にしたがって国政が決められるようになっています。国民主権の理念を実現するには適した体制ですが,専門的な知識や正確な情報を持ち合わせていない状態の国民が意思決定をするため,必ずしも正しい方向に進めるとは限りません。そこで,行政のプロである官僚が長期的なヴィジョンをもって,日本のあるべき姿を模索し,有効な施策を提示して,国を先導していくことが大切だと思います。厳しい批判にさらされることもありますが,それは国民からの期待の裏返しだと思って,むしろその期待に応えさらには期待を超えた成果を生み出してやる!といったプロ意識をもって勤めることも,やりがいのあることだなーと思いました。



長くなりましたまあ,みたいな感じで笑,以上の内容を志望動機として面接や官庁訪問でしゃべったわけではありませんが,こんなことを考えて試験に臨みましたということです。自分が仕事に対してどう向き合って生きていきたいのかよく考えて,よりベターな選択肢を見つけてください。もし国家公務員という肢が最後の1つに残ったら,ぜひ一緒に日本を引っ張っていきましょー!


以上,まだ必修の単位が残っている肌男でした。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/622-0639d872

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!