Entries

専門択一勉強法(法律)②

初めまして!!凪也と申します。

今回は肌男さんに引き続き,択一試験(法律)にむけての勉強法について書いていきたいと思います。
試験の基本情報については前回肌男さんが説明してくれたので,私の勉強方法・勉強ペースを中心に説明していきます。

と,その前に1つ(^^;;)
平成24年度から国家1種試験は国家総合職試験へと名称が変わり,受験科目などに多少の変更がありました。でも,問題の内容自体は変わっていないので,勉強をするにあたっては安心して国家1種試験の過去問を使用してくださいね( ^ー゚)b


それでは改めて。

そもそも私が国家公務員試験を受けようと決意したのは学部3年の9月でした。
それまでは法科大学院に進むために勉強をしていたので,法律についての基本的な知識は有していましたが,国家公務員試験に向けてきちんと勉強をし始めたのは同年10月になります。
10月以降も,法科大学院向けの勉強と並行しながら国家総合職にむけて勉強をしていたので,国家総合職試験にむけて使ったものといえば,たったの3つでした。

それは,
①過去問(約25年分)
②公務員試験六法
③択一六法(司法試験用)

です。

勉強一般に関して言えることかもしれませんが,様々なテキストに手を出すよりも自分がこれと決めたテキストを何周もした方が成果につながります。特に国家総合職の場合は,過去問を徹底的にやり尽くした合格者が多いように思います。

1. 必須科目(憲・民・行)について

(1)憲法・民法について
憲法と民法については基本的な知識があったので,10月からいきなり過去問を解いていました。1カ月に1周のペースで過去問を解いていき,最終的に試験までに過去問を5周ずつしました。
どちらに関しても,問題を解くのに飽きたら,公務員試験六法で判例の知識を定着させていましたが,民法については公務員六法による勉強の効果が薄いように感じたので,途中でやめました。

(2)行政法について
行政法についてはもともと苦手意識があった上に,いい参考書が見つからず,苦労しました。そんなときに出会ったのが,LECが司法試験用に出している択一六法でした。
行政法についてどんな基本書や参考書よりもうまくまとまっているので,国家総合職の行政法の勉強に一番向いていると思います。
10月~11月にかけては1日1時間のペースで択一六法を読んで基本的な知識を定着させ,12月から過去問を解き始めました。スタートが遅かったので,最終的に行政法の過去問は3周しかできませんでしたが,それでも当日の問題を解くためには十分だったと思います。

2. 選択科目について
肌男さんは,労働法,国際法,経済学・財政学の3つを選択していたようですが,
私は刑法・商法・労働法の3つを選択しました。
それぞれについて順番に書いていきますね。

(1)刑法
刑法は総論と各論の両分野から出題がありますが,選択科目の中でも1番易しい科目です。というのも,基本的には判例の問題か学説へのあてはめ問題が出題されるからです。
刑法の判例というのは読んでいて面白いものが多いので,一通り勉強すれば頭に残りますし,学説へのあてはめ問題は知識がなくても頭を使えば解けるので,勉強のコストパフォーマンスは抜群です。
具体的な勉強方法としては,必須科目の勉強に疲れたときに,気分転換がわりに過去問を解いたり公務員六法に掲載されている判例を読んだりしていました。週に3時間くらいのペースで勉強していました。

(2)商法
商法は会社法の一部と手形・小切手法から出題されます。
商法というと膨大な量の会社法のイメージと結びついてしまって敬遠する人が多いかと思いますが,それはもったいないと思います。
公務員試験六法の会社法のところを見ればわかるのですが,国家総合職試験で問われる会社法の知識というのはかなり限定されています。
会社法については基本書で基本知識を思い出しつつ,過去問を3周くらいしました。
もうひとつの手形・小切手法については,本格的に勉強しようとすると時間がかかりそうだったので,公務員六法で判例をおさえ,過去問を3周くらいしただけでした。
これについても勉強の息抜きで週に4時間程度の勉強時間でした。

(3)労働法
国家総合職試験の中で2番目に易しい科目が労働法です。常識で解ける問題や,頭を使えば解ける問題が多いためです。
労働法もきちんと勉強しようとするとかなり時間がかかりそうだったので,基本書を1周して労働法チックな思考方法を獲得して,あとはひたすら過去問を解いたり公務員六法で判例を解いていました。こちらも週に3時間くらいのペースで勉強し,最終的に過去問は4周しました。

と,これまでとにかく過去問を○周!!と書いてきましたが,毎回全ての問題を解いているわけではありません。1周目では全ての問題を。2周目では1周目で解けなかった問題を。3周目では1周目と2周目で解けなかった問題を解いていくことで,自分が苦手な問題を何度も解くようにしていました。

10月から択一試験のある4月までずっと同じペースで勉強していたわけではなく,1月~2月中旬までは学部の試験勉強(刑訴とか民訴とか),3月中旬~4月末(試験当日)までは学園祭に向けての活動で忙しかったので,実質的にきちんと勉強できたのは,10月~12月,2月中旬~3月中旬の約4カ月間くらいでした。それでも,きちんと自分で「絶対に過去問○周する」と目標を決めることで,効率的に勉強をすることができました。

省庁の説明会で人と話をしてリフレッシュしつつ,勉強のほうもしっかりとやっていけば,国家総合職にきちんと合格できるはずですヾ(゚ー゚ゞ)



あ,そういえばまだ自己紹介をしていませんでした・・・
プロフィールは以下のようになります。省庁説明会のお手伝いもしているので,どこかでお会いしているかもしれませんね。
【名前】凪也
【性別】男
【学年】学部4年
【受験区分】法律職(大学卒)

それでは,長くなってしまったのでこの辺でヾ(^_^)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/609-c4f81f1a

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!