Entries

イベントレポート(官庁訪問対策イベント)

こんにちは!アドバイザーのT・Mです(=゚ω゚)ノ

今回は昨日行なわれた官庁訪問対策イベントのレポートを書いていきます。

イベントには、前回の国総向けイベントを上回る人数の方が参加してくれました。
みなさんが試験だけでなく、官庁訪問のことまでしっかりと見据えていることが伝わってきました。
大変嬉しく思います(*^_^*)

(私が思う)多かった質問としては
①学歴・職歴・年齢は本当に関係ないのか?
②原課面接とは何か?
の2つが挙げられます。

①については、
私の内定先の内定者アドバイス集を用いながら、
多くの省庁では学歴・職歴・年齢などは採用に関係ないということを説明しました。
気にしないことが一番です。
どうしても気になるという方は、志望省庁の説明会に行き、
内定者アドバイス集を頂いたり、内定者の方に直接尋ねるなどして確かめましょう。

②については、
原課面接は1対1の業務説明会のようなものだと説明しました。
各省庁が開催している業務説明会は、業務説明→質疑応答という形式です。
原課面接も同じで、まず面接相手の職員の方からその方が携わっている業務についての説明があり、
その話に対して受験生が質問をしていくという形式がほとんどです。
最大の違いは、説明を聞くのが受験生1人だということです。
説明会では、1つ質問をしたらそれに対する答えが返ってきて、それで次の人に質疑応答が移ることになりますが、
原課面接では、他の人がいないので、返ってきた答えに対して再び疑問をぶつける、もしくは他の質問をするということが可能になります。
というより、そのようにして、相互のやりとりを続けていくことが原課面接になります。
もちろん原課面接といっても、志望動機や学生生活について尋ねられることなどもありますが、
原課面接は自分ひとりの業務説明会だと捉えてよいでしょう。

以上がイベントレポートになります。
官庁訪問はまだまだ先のものではありますが、
早めに情報を入手しておくこと、対策を考えておくことは、官庁訪問を有利に進める助けになると思います。
一次試験まで残り6週間ほどとなりましたが、
業務を知る、雰囲気を知る、そして志望動機を深めるためにも、志望省庁の説明会には参加し続けてもよいのではと思います。
また私の場合は、説明会への参加が勉強のモチベーションの維持になっていました。
勉強を進めつつも、その先を見据えて行動していってほしいと思います。
頑張ってください!
応援しています!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/1127-9ea5008a

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!