Entries

官庁訪問体験記④

こんにちは!(=゚ω゚)ノ

官庁訪問まで残り1週間ちょっととなりました。
前回の記事でも書きましたが、
自分の合格を信じて、前向きに行動していきましょう。

さて、今回は官庁訪問体験記第4弾です。
ラストでありますが、私は第1クールで2日目3日目の省庁を切られているため、内容が薄くなっていますが、ご勘弁を。

訪問省庁は訪問日順にA省B省C省で、志望度はA省>>B省>>>>>C省という感じです。

A省:大学3年夏からの第1志望で、直前期の説明会もここしか行っていなかった
B省:関心はあるけれどもあまり説明会に行けていなかった。
C省:官庁訪問直前にA省B省との関連性からなんとなく決めてしまった。


【第1クール初日】A省
かねてからの第1志望であるため、気を引き締めて臨んだ。
初日ということもあり、30分ほど余裕を持って到着した。
17番目だった。
60~70人の訪問者数だった。
最初の面接(入口面接)の相手が、説明会のときからずっとお世話になってきた顔なじみの若い採用担当者の方だった(偶然)。
おかげで波に乗ることができた。
面接回数は8回(人事→原課→人事→原課→人事→人事→原課→人事)だった。
最後の面接(出口面接)では、企画官(課長補佐)の方から、
「非常に高い評価をしている」「次回はより重要な人物に会ってもらう」と言っていただいた。

【第1クール2日目】B省
70~80人の訪問者数だった。
初日の第1志望に手ごたえがあったことから、少し調子に乗ってしまい、
入口面接では「昨日の続き」のような感覚で入ってしまった。
次の原課面接では希望通りの話が聞けたが、
その次の人事面接では、自分の評価が低いことを感じ、イライラが態度に出てしまった。
案の定、次呼ばれたときに切られた。
官庁訪問はやはりシビアなものだと感じた。

【第1クール3日目】C省
30~40人の訪問者数だった。
入口面接では、2日目の反省を活かすことは出来たが、
それなりに政策への知識がないと答えらないような質問が飛んできて、答えることが出来なかった。 
次の原課面接ではC省の取り組みについて色々と教えていただいたが、
帰ってきてすぐに呼ばれ、切られた。
入口面接で既に決まっていたなと感じるも、
知識も熱意も足りない上に、採用人数が少ない省なので、
早めに切るのも仕方ないなとも思った。


【第2クール初日】A省
気づけばA省しか残っておらず、背水の状況だったが、
このままいけば大丈夫と自信を持ち、焦ることなく臨んだ。
この日の入口面接も第1クールと同じ若い採用担当者の方で、
「一緒に働きたい」「今日頑張って」と言っていただいた。
面接回数は6回(人事→人事→人事→原課→原課→人事)だった。
この日2回目の原課面接では、課長補佐の方から、
「明日からでもここで一緒に働けそう」と言っていただき、非常に嬉しかった。
出口面接では、第1クールと同じ企画官の方から、
「非常に高い評価をしている」「第3クール初日、必ず来てください」と言っていただいた。

【第2クール2日目】お休み

【第2クール3日目】お休み


【第3クール初日】A省
リラックスして行くと、既に部屋には大勢集まっていた。
午前には、入口面接と原課面接の2回の面接があった。
原課面接では、国家公務員としての心構えについての話が中心だった。
面接の間に別室から数人やってきたようだった。
午後には、25人が同じ部屋に集まり、採用担当者の方々から海外留学や企業への出向など様々な話を聞くことができた。

【第3クール2日目】お休み


【第4クール初日】【第5クール初日】A省
無事に内々定を頂いた。25人全員が頂いた。


以上になります。
正直あまり参考にならないと思います。

個人的なアドバイスとしては…

①面接を楽しむ
官庁訪問の面接は、人事院面接のような面接官との距離はなく、ほぼゼロ距離です。
面接と言うより面談・相談です。
楽しむことができれば、きっとその省庁はあなたに合っていますし、評価を得られているはずです。

②「成長」を見せる
官庁訪問で最も大切なのは「成長」を見せることです。
面接を通して、その省庁への志望動機や関心分野、考えは変わっていくはずです。
その変化を素直に面接官に伝えましょう。
変わることは悪いことではなく、むしろ成長そのものなので、評価してもらえるはずです。

③「マイペース」を保つ
私が官庁訪問で意識していたことは、「マイペース」を保つことです。
面接中も待ち時間でも、普段通りを心がけることが大事だと思います。
例えば、待ち時間に無理に人と話し続けるだとか、面接では変にキャラを作るだとか、
そういうことをしていると無駄に疲れてしまいますし、面接官には見破られます。
普段通りの自分を評価してもらいましょう。

④入口面接からしっかり気合を入れて臨む
入口面接はやはり大事です。
もちろん入口面接で上手くいかなくても、後の面接で挽回することはできますが、
2日目3日目で訪問する省庁では、相手からも「この子にとってうちは第2志望第3志望」と思われているため、
数回の面接で早々に見切りをつけられることは十分ありえます。
前のめりになりすぎてはいけませんが、
入口面接から「ここで働きたい」という自分の思いをしっかりぶつけるようにしましょう。

ということで、超長文になってしまいました(°_°)
前半の体験記は中身スカスカなので、後半に書いたアドバイスを参考にしていただけたらなと思いますヾ(・∀・)ノ
それではみなさん、官庁訪問頑張ってください!
応援しています!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/1105-a2c430d7

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!