Entries

人事院面接カードのあれこれ

おはようございます。
今回は,人事院面接カードに関して,何点かコメントさせていただきます。

まず,[これまでに取り組んだ活動や体験]について。
ここでは,以下3項目で用いる3種類のエピソードが求められます。

①学業や職務において
②社会的活動や学生生活において
③日常生活その他において
(各3行)

インパクトのあるエピソードを3つも用意するとなると,なかなか大変ですね。
私の場合は,①では大学での研究,②ではアルバイト,③では趣味関係の課外活動に関するエピソードを書きました。②③で用いた2つのエピソードは,他職の面接カード作成の際に,自己PRや志望動機として採用したものであったためそれなりでしたが,①のエピソードは弱かったです。

ただ,スゴイ話を書く必要はありません。
「大学生のうちに起業した」,「カンボジアに学校を建てた」,「カラオケ世界大会で優勝した」みたいなエピソードがあれば言うことはないですが,受験生のほとんどは何てことない学生生活を過ごしてきた凡人です。
重要なのは,何てことない話を論理的かつ説得力をもって相手に伝える能力ではないでしょうか。
だからこそ,多少盛ったエピソードでも構わないと私は思います。(ただし,全くありもしない「1から作り上げた嘘」では,どこかで綻びが生じてしまうので危険です。実際に経験したエピソードに枝葉をつけて「誇張」する程度に止めておきましょう。)

エピソードを用意するにあたって,
・なぜやろうと思ったのか
・その過程でどのような困難があったか
・それをどう工夫して乗り越えたか
・その結果何を学んだか

といったことは系統立てて説明できるようにしておきましょう。
集団で取り組んだ経験であれば,そのときの自分の役割は何で,どう立ち回ったかという点は必須ですね。
このようなポイントをコンパクトに3行でまとめるのです(挙げた点すべてを盛り込むことは難しいかと思いますが)。
あくまで口頭で説明すればよい話なので,あまり具体的に書きすぎず,「こういう表現にしておけば面接官から質問してくるだろう」と想像しながら概略を書いてください。


さらに,[志望動機]の欄が5行分用意されています。これがなかなか書き辛いです。というのも,国家公務員を目指すそもそもの動機を書くべきか,自分の希望省庁の志望動機を書くべきか,で迷ってしまうからです。結論から言ってしまうと,どちらでも良いと思います。
重要なのは,自分の何らかの経験と結びつけて説明することでしょう。先程の繰り返しになりますが,しょぼいエピソードでも構わないので,それを論理的かつ説得力をもって堂々と相手に伝えることが大事です。

私の場合,「自分の希望省庁の志望動機」をアルバイト経験と関連付けて書きました。これは,最後の記入項目である[志望官庁]の欄も関係しています。
私は法務省(矯正局・保護局)以外には興味がなかったので,「法務省で官僚としてどのような貢献ができるか」という内容でまとめました。逆に,「国家公務員になりたいそもそもの動機」の書き方が私は分かりませんでした。
ただし,基本的には,志望官庁は行きたいと思っているところを全て書いておいて問題ないと思います。1つしかなければ志望動機が書きやすいというメリットはありますが,他には関心がないと暗に伝えることにもなりかねません。どちらにしても結局やりづらさは出てきてしまうので,他にも回りたい所があるにもかかわらず,志望動機が書きやすいからという理由で1つしか書かないといったような変な作戦をとる必要はありません。


最後に,本番の面接について。
人事院面接は,基本的に面接カードに沿った質問が多いと言われています。深堀りタイプの面接ではなく,ごくごく普通の質問ばかりということです。

私の場合,[これまでに取り組んだ活動や体験]の3つのエピソードについて順に触れられ,[志望動機]に関する質問は短かったです。
先程も述べたように,志望官庁は法務省しか書かなかったわけですが,本番では「文科省で働きたいとは思わなかったの?」と尋ねられました(教育関係のアルバイトでのエピソードを書いたため)。その際,「文科省にも初めは興味があったが,説明会などを通じて法務省の仕事により魅力を感じた」という風に伝えました。私はどの面接でも,「他の仕事にも興味はあるが,あくまで1つ絶対的にやりたいことがある」というスタンスをとっていました。「軸のある人間」だとアピールしたかったためです。
ただし,あくまで私のやり方です。これが面接の極意とも思わないので,ご自身に合ったアピールの仕方をしてください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/1099-7f4f36f6

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!