Entries

専門記述対策③(法律)

おはようございます!Y・Mです(=゚ω゚)ノ
勉強お疲れさまです!そしてブログ閲覧ありがとうございます。

今日は,法律区分の2次試験,専門記述対策について書きたいと思います。

まずは当日の流れと,28年度の問題内容について。
対策だけ見たい方はスクロールして飛ばしちゃってください~




人事院面接はスーツ100%ですが,筆記試験は私服の人が98%でしたね。
適性検査(100の質問にはい・いいえで回答)→専門記述→政策論文がありました。

試験会場は普通の大学の普通の大教室でした。専門記述の時間は4時間です。途中で挙手してお手洗いに行くことも可能です。
会場によっては付近にコンビニなどがなくお昼ごはんを入手しづらいことがあるのでなるべく事前に買ってもって行きましょう。



さて,28年度の問題についてざっっっくり書きます。考察できるほどではないのでテーマを抜き出しただけです,悪しからず…。
ちなみに,出題内容としては,憲法、行政法、民法、国際法、公共政策(全2題)の中から3科目選択。ただし、公共政策からは1題のみ選択可です。

今回は一文で抽出していますが,実際は文章題です。


憲法
題材:外国人が経営する動物霊園の設置許可基準
(1)憲法第22条第1項に関する疑義
(2)憲法題14条第1項に関する疑義
(3)法律による委任の範囲


行政法
題材:生活保護受給者に対する行政指導
(1)
問1.指導支持の処分性
問2.処分性が認められなかった場合の訴訟方法

(2)本件が実体的に違法である理由についての裁判所の見解


民法
(1)譲渡担保
問1.占有改定による第三者への引渡し後の法律関係
問2.債務弁済されず第四者に現実の引渡し後の法律関係

(2)賃貸借・転貸借と建物の明け渡し請求
問1.契約の合意解除
問2.債務不履行による契約解除


国際法
(1)解釈宣言と留保の区別と法的効果の差異
(2)留保を付した国と受諾した国,留保を付した国と異議を申し立てた国間の留保の有効性
(3)自由権規約委員会の留保有効性判断に関する権限の有無とその根拠


公共政策A
題材:エネルギー安全保障の課題と対応策
(1)エネルギー安全舗装確保のためのリスクと対応策
(2)化石エネルギー源の活用の長所と短所
(3)再生可能エネルギーの利用促進における課題と対応策


公共政策B
題材:子育て支援(政府の政策アドバイザーになったと想定して解答せよ)
(1)出生率を高める対応が必要となる理由
(2)子育て支援を社会保障の仕組みとして位置づける場合の理由付け
(3)子育て支援の制度改革のための政策とその理由,その評価方法






*何を選択したか?
私は憲法・民法・行政法を選択しました。
国際法は,択一の勉強を1次試験の1ヵ月半前から始めたところだったので,記述で解答するには知識が足りないかなと選びませんでした。

*いつから対策を始めたか?どのような対策をしたか?
対策期間は,1次試験終了後の4週間です。

使用した参考書は,
・専門記述対策講座講義編のテキスト
・国家総合職(法律区分)自習用論文問題集
・市販の参考書(公務員試験向けの六法)


1次試験の2週間後に東京都の試験(専門記述が出題)があったので,都向けの一行問題の論点を暗記し、国総記述の基礎としていました。(ex.憲法なら,外国人の人権について説明せよ,司法権の限界について説明せよなど)

方法としては全てノートに書き写し、単語ごとに赤マーカーで塗りつぶして解答丸暗記していました。


都の試験が終わった次の日から2週間で国総対策。
出題傾向に慣れるためにひたすら予想問題とその解答・解説を読みました。
何が論点になるのかを把握し,それに対応する知識を正確に書き出せるようにブラッシュアップ。

模範解答の中で,言い回しや自分で理解できていない要点はさらにルーズリーフに走り書きしてまとめ、毎晩朝と夜に目を通していました。


*アドバイス
対策期間に関する私見ですが,法学部などその他法に詳しい方は比較的短期間で足りる人もいると思います。

法律学の記述試験の型に慣れていると,一例ですが問題提起→規範定立→事例へのあてはめ→結論という書き方が頭に入っているので記述対策を一から始める必要がないですね。
型は問題の形式(一行問題や事例問題)によりけりですが,それは過去問を見て慣れていきましょう。


法律初学者の方は少し余裕を持ってこの時期からうっすら論点暗記など手軽なものから始められると後々楽だと思います。

構成,論点について正確に述べられているか,丁寧な論述になっているか,といったことに意識して説得性ある文章が書けるように頑張ってください。



全員に共通して言えることは,実際に書き始める前に,構成づくりをしましょう。人によって5~15分程度で。
これに関しては政策論文等と同じで,いかに論理だった文章を書けるかで答案の良し悪しが決まってきます。
論点と知識を結びつけてどのような結論を導き出すのか,しっかりと把握してから書き出すようにしてみてください。



とまあ,長々と書いたのですが,非法学部準備不足の私は今思うとよく通ったなあ(笑)という感じです。

法学部の友人は専門記述で点を稼いでいましたが、私は3科目ともちょうど半分かそれ以下の点数しかとれませんでした(成績開示した時びっくりしました)

当日は,自分の答案に自信がもてないものの、とにかく勉強してきた知識を使いながら解答用紙8割は3科目とも埋めました。多少あてずっぽうなことも書きました。

あとは、1次試験で点数を稼いでいたのと,人事院面接と英語加点で専門記述の失点を補うことができたのが大きかったです。
順位は真ん中ぐらいでしたが…自分の中ではめちゃくちゃ頑張ったで賞です。
つまり何かが不足してもそれを補えるものがあればなんとかなります。


問題を解いていてこれはやばいぞと思っても,本番で完璧を目指す必要はありません。
よっぽど精通していない限り誰しも心の中では「こんなの無理~o(^_-)O☆★」だと思ってるので。

驕らず対策を念入りにしていきましょう~!応援しています!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/1074-31265d2f

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!