Entries

専門記述対策②(心理)

おはようございます!心理系アドバイザーM・Nです!!
今日は専門記述対策②心理編です!ではさっそく参ります( ´,_ゝ`)

まず,LECの心理系科目テキスト(概論,臨床,社会,教育,認知)はひたすら何周も読み込んでいました。文章ごと,本をまるまる頭に叩き込むつもりで。国総の2次専門対策はこれだけです(家裁対策が国総対策にもなっていたとは思いますが)。
家裁の記述対策としては,上述のテキストに加え,家裁1次用テキスト,家裁2次用テキスト(発達,社会,教育)を同様にひたすら読み込んでいました。これも文章ごと思い出せるよう,まるまる叩き込みました。書く練習は一切せず,にらめっこです(゚⊿゚)
矯正心理の2次専門対策としては,これら以外に市販の参考書(臨床心理学)を1冊使用し,いくつか想定問題とその解答を作りました。矯正心理では結局全く当たりませんでしたが,後の地上心理の2次専門でこの対策が活きました。

このように,私の記述対策の特徴は,「手を広げず,LECのテキストを直前まで何周も読み込み続けた」ところにあります。ただ,最初から最後まで同じ調子で一文ずつ読んでいてはあまりにも苦しいですよね。人生なんでも抑揚が必要です。「ここは特に完璧に覚えたい」と力を入れる箇所と,「まあそんなに出題されないだろう」と力を抜く箇所を作るわけです。何周も読んでいれば大体そういう目星はつけられるようになってくるのですが,何よりも過去問をチェックするのが一番!択一・記述を問わず,入手できる過去問は全部手に入れちゃいましょう。LECのテキストや市販の参考書にも過去問が掲載されていたりしますね。そういうものに目を通し,傾向を見極めてください。

ここまで,ほぼ「読み込み一本」の私の戦い方を記載しましたが,やはり書いて覚えたいという方もいらっしゃるでしょう。矯正心理の対策として前述したように,想定問答を作成するのが1つの方法です。○○というテーマについて相当量の論述をする場合,いくつかのキーワードを組み込む必要がありますよね。「○○というテーマについては,このキーワードとこのキーワードを入れれば良い」という知識のクラスターを作るのに最適です。めんどくさがり屋さんでも比較的楽しみながらできる対策です。
そしてマメな人にオススメなのが,各キーワード200字or 400字のプチ記述にまとめるという方法。家裁1次記述対策テキストがこの形式をとっているので,参考になります。このテキストに既に載っている記述を何も見ずに書く練習をしても良し,書き写しながら覚えるも良し,心理学概論・応用系テキスト・市販のテキストを用いて自己流の記述を作っても良しです。キーワードごとにプチ記述できるようにしておくと,先程述べた「知識のクラスター」がある程度出来ていれば,そのプチ記述を組み合わせて大論述を完成させればOKですよね。「そんな簡単に言わんといてよ!!プンヾ(`・3・´)ノプン」と思うかもしれませんが。


ではでは,皆さんお元気で♡
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://moshisapuri1.blog5.fc2.com/tb.php/1069-9df0e1e3

トラックバック

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!