Entries

官庁訪問体験記③

こんにちは!
今回も官庁訪問体験記です!少しでもイメージをつかんでいただければ幸いです
*以下【】内は第何クールの何日目にどの省を回ったかを書いています

【1-1 X省】
定刻の15分前に到着したものの,待合室にはかなりの人が集合しており,最後の方の受付順。そのせいか,午前中は入口面接のみで昼食に。
一転,午後は原課(2時間)→原課(1.5時間)→人事→ブースと,面接を立て続けに行うハードスケジュール。
原課は自分の興味分野と重なることが多く,大変楽しい時間を過ごせた。人事面接はかなり緊張して噛み噛み。面接の最後には次回までに考えてくるべき宿題を言われた。夕食後,もう1度原課(2時間)を実施後,次回予約をもらいこの日は終了。

【1-2 Y省】
定刻通りに受付が開始。60~70人の人が集まっていた。
午前中は原課→入口面接,という変わった順番。午後には突然グループディスカッションを行うよう告げられ,驚く。特別勉強していなかったテーマで焦ったが,バランス感覚をもった意見を言うこと,議論の整理を積極的に行うことを意識して参加した。
待合室に戻って情報交換すると,人によってプロセスに大きく差があることが発覚。自分のここまでのプロセスや面接内容に,評価されているのかどうか,かなりの不安を覚えた。その後は,人事→原課(1時間)→人事→原課(1.5時間)と面接が進んだが,どの面接も感触がよかったので,少しずつ精神状態が改善。出口面接では高く評価している旨とを言われ一安心。次回の待合室を指定され,この日は終了。

【1-3 Z省】
この日も定刻通り受付開始。50人ほどが訪問していたが,自分含めみんな疲労気味。待合室も基本静かだった。
第3志望であることは先方も承知であろうと思い,入口面接では,思い切ってZ省についての率直な意見・疑問点・悩みを多く投げかけたところ,職員さんは一つ一つ,正面から丁寧に答えてくださり,非常に納得でき,思考の整理ができた。
その日の面接は入口を含め4回あったが,自分の価値観や目標と近い職員さんが多く,この人のようになりたい,という理想の職員さんが多いことを感じる。Z省へのイメージ自体も大きく変わり,志望度もぐっと上がる。出口面接でも極めて高く評価している旨を言われ,終了。

【土日】
土曜日は半日以上睡眠。第1クールの官庁訪問を通じ,Y省やZ省への思いもかなり強くなったことから,官庁訪問のノートを見返したり,同じく官庁を回った友人と会って話したりして,思考整理をした。

【2-1 X省】
第1クールではあまり人が減らなかったよう。また,待合室は2つに分けられたが,特別評価の差はなかったよう。
この日は入口→原課→原課→ブース→人事→原課と面接が進む。人事面接は初日と同じ方で,前回の面接での宿題を踏まえた内容だった。原課は企画官や室長級の方と話す機会を頂け,なかなか説明会などでは聞けない内容の話も聞けて,とても印象深かった。出口面接では評価が上がっていることを告げられ,第3クールの予約も頂けた。

【2-2 Y省】
案内された待合室はいわゆる「一軍部屋」らしく,20名弱の学生しかいなかった。
この日は人事面接2回と原課2回。1回目の人事面接は変わった質問が多かったためなかなかうまく返答できず,面接後かなり落ちこむ。
2回目の人事面接は取り返そうと思い,一生懸命に自分の思いを伝えようと努めた。それが功を奏したのか,その後課長級の方と面接する機会をいただけた。
朝はピリピリしていた待合室も,面接が落ち着くとかなりリラックスムードになった。出口面接の際には大いに評価している旨を告げられ,第3クールにも必ず来てほしい言われた。

【2-3 Z省】
切られてしまった人,辞退した人が多かったためか,この日は朝の時点で10名強しかいなかった。
土日や第2クールを経て,Z省に行きたい気持ちが非常に高まっていたため,気合を入れて臨んだ。
第1クールで自分と考えが近い人や,自分の興味分野を担当する職員さんに多く会っていたことから,この日は自分と違うタイプの職員さんや,あまり知らない分野の話を聞きたい,という希望を出したところ,希望通りの面接機会を多く頂けた。そのような面接の中でも,自分の気持ちが揺らぐことはなく,むしろ志望度は上がった。第3クールの予約も頂き,かならず翌日行くことを約束した。

【3-1 Z省】
第2クール終了後,X省,Y省それぞれに辞退の連絡を入れたところ,一晩考えてみるよう説得される。当初志望していた省であることから迷いもあったものの,この日の朝改めて辞退の連絡を入れ,Z省を訪問した。
入口面接にて,ずっと担当してくださった職員さんに自分の思いを改めて伝えたところ,とても共感し,激励してくださったのが本当に印象的だった。

【3-2 おやすみ】
X,Y省で長い間お世話になった人事の方にメールで連絡を入れたところ,ともに日本のために頑張っていこう,と優しくエールの返信を頂けた。霞ヶ関全体が一つのチームであることを改めて感じた。

【4  Z省】
人事のトップの面接。今までで一番重々しい雰囲気で行われ,かなりきつい質問も多く緊張したが,素直に自分の思いを伝えるよう努めた。

【5  Z省】
内々定を頂き,人事の責任者と握手。夜は職員さんが内々定祝賀会を開いてくださった。

以上です
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!