Latest Entries

専門記述対策③(法律)

おはようございます!Y・Mです(=゚ω゚)ノ
勉強お疲れさまです!そしてブログ閲覧ありがとうございます。

今日は,法律区分の2次試験,専門記述対策について書きたいと思います。

まずは当日の流れと,28年度の問題内容について。
対策だけ見たい方はスクロールして飛ばしちゃってください~




人事院面接はスーツ100%ですが,筆記試験は私服の人が98%でしたね。
適性検査(100の質問にはい・いいえで回答)→専門記述→政策論文がありました。

試験会場は普通の大学の普通の大教室でした。専門記述の時間は4時間です。途中で挙手してお手洗いに行くことも可能です。
会場によっては付近にコンビニなどがなくお昼ごはんを入手しづらいことがあるのでなるべく事前に買ってもって行きましょう。



さて,28年度の問題についてざっっっくり書きます。考察できるほどではないのでテーマを抜き出しただけです,悪しからず…。
ちなみに,出題内容としては,憲法、行政法、民法、国際法、公共政策(全2題)の中から3科目選択。ただし、公共政策からは1題のみ選択可です。

今回は一文で抽出していますが,実際は文章題です。


憲法
題材:外国人が経営する動物霊園の設置許可基準
(1)憲法第22条第1項に関する疑義
(2)憲法題14条第1項に関する疑義
(3)法律による委任の範囲


行政法
題材:生活保護受給者に対する行政指導
(1)
問1.指導支持の処分性
問2.処分性が認められなかった場合の訴訟方法

(2)本件が実体的に違法である理由についての裁判所の見解


民法
(1)譲渡担保
問1.占有改定による第三者への引渡し後の法律関係
問2.債務弁済されず第四者に現実の引渡し後の法律関係

(2)賃貸借・転貸借と建物の明け渡し請求
問1.契約の合意解除
問2.債務不履行による契約解除


国際法
(1)解釈宣言と留保の区別と法的効果の差異
(2)留保を付した国と受諾した国,留保を付した国と異議を申し立てた国間の留保の有効性
(3)自由権規約委員会の留保有効性判断に関する権限の有無とその根拠


公共政策A
題材:エネルギー安全保障の課題と対応策
(1)エネルギー安全舗装確保のためのリスクと対応策
(2)化石エネルギー源の活用の長所と短所
(3)再生可能エネルギーの利用促進における課題と対応策


公共政策B
題材:子育て支援(政府の政策アドバイザーになったと想定して解答せよ)
(1)出生率を高める対応が必要となる理由
(2)子育て支援を社会保障の仕組みとして位置づける場合の理由付け
(3)子育て支援の制度改革のための政策とその理由,その評価方法





私は憲法・民法・行政法を選択しました。

国際法は,択一の勉強を1次試験の1ヵ月半前から始めたところだったので,記述で解答するには知識が足りないかなと選びませんでした。


対策期間としては,1次試験終了後の4週間です。

使用した参考書は,
・専門記述対策講座講義編のテキスト
・国家総合職(法律区分)自習用論文問題集
・市販の参考書(公務員試験向けの六法)


1次試験の2週間後に東京都の試験(専門記述が出題)があったので,都向けの一行問題の論点を暗記し、国総記述の基礎としていました。(ex.憲法なら,外国人の人権について説明せよ,司法権の限界について説明せよなど)

方法としては全てノートに書き写し、単語ごとに赤マーカーで塗りつぶして解答丸暗記していました。


都の試験が終わった次の日から2週間で国総対策。
出題傾向に慣れるためにひたすら予想問題とその解答・解説を読みました。
何が論点になるのかを把握し,それに対応する知識を正確に書き出せるようにブラッシュアップ。

模範解答の中で,言い回しや自分で理解できていない要点はさらにルーズリーフに走り書きしてまとめ、毎晩朝と夜に目を通していました。



対策期間に関する私見ですが,法学部などその他法に詳しい方は比較的短期間で足りる人もいると思います。

法律学の記述試験の型に慣れていると,一例ですが問題提起→規範定立→事例へのあてはめ→結論という書き方が頭に入っているので記述対策を一から始める必要がないですね。
型は問題の形式(一行問題や事例問題)によりけりですが,それは過去問を見て慣れていきましょう。


法律初学者の方は少し余裕を持ってこの時期からうっすら論点暗記など手軽なものから始められると後々楽だと思います。

構成,論点について正確に述べられているか,丁寧な論述になっているか,といったことに意識して説得性ある文章が書けるように頑張ってください。



全員に共通して言えることは,実際に書き始める前に,構成づくりをしましょう。人によって5~15分程度で。
これに関しては政策論文等と同じで,いかに論理だった文章を書けるかで答案の良し悪しが決まってきます。
論点と知識を結びつけてどのような結論を導き出すのか,しっかりと把握してから書き出すようにしてみてください。



とまあ,長々と書いたのですが,非法学部準備不足の私は今思うとよく通ったなあ(笑)という感じです。

法学部の友人は専門記述で点を稼いでいましたが、私は3科目ともちょうど半分かそれ以下の点数しかとれませんでした(成績開示した時びっくりしました)

当日は,自分の答案に自信がもてないものの、とにかく勉強してきた知識を使いながら解答用紙8割は3科目とも埋めました。多少あてずっぽうなことも書きました。

あとは、1次試験で点数を稼いでいたのと,人事院面接と英語加点で専門記述の失点を補うことができたのが大きかったです。
順位は真ん中ぐらいでしたが…自分の中ではめちゃくちゃ頑張ったで賞です。
つまり何かが不足してもそれを補えるものがあればなんとかなります。


問題を解いていてこれはやばいぞと思っても,本番で完璧を目指す必要はありません。
よっぽど精通していない限り誰しも心の中では「こんなの無理~o(^_-)O☆★」だと思ってるので。

驕らず対策を念入りにしていきましょう~!応援しています!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

専門記述対策②(心理)

おはようございます!心理系アドバイザーM・Nです!!
今日は専門記述対策②心理編です!ではさっそく参ります( ´,_ゝ`)

まず,LECの心理系科目テキスト(概論,臨床,社会,教育,認知)はひたすら何周も読み込んでいました。文章ごと,本をまるまる頭に叩き込むつもりで。国総の2次専門対策はこれだけです(家裁対策が国総対策にもなっていたとは思いますが)。
家裁の記述対策としては,上述のテキストに加え,家裁1次用テキスト,家裁2次用テキスト(発達,社会,教育)を同様にひたすら読み込んでいました。これも文章ごと思い出せるよう,まるまる叩き込みました。書く練習は一切せず,にらめっこです(゚⊿゚)
矯正心理の2次専門対策としては,これら以外に市販の参考書(臨床心理学)を1冊使用し,いくつか想定問題とその解答を作りました。矯正心理では結局全く当たりませんでしたが,後の地上心理の2次専門でこの対策が活きました。

このように,私の記述対策の特徴は,「手を広げず,LECのテキストを直前まで何周も読み込み続けた」ところにあります。ただ,最初から最後まで同じ調子で一文ずつ読んでいてはあまりにも苦しいですよね。人生なんでも抑揚が必要です。「ここは特に完璧に覚えたい」と力を入れる箇所と,「まあそんなに出題されないだろう」と力を抜く箇所を作るわけです。何周も読んでいれば大体そういう目星はつけられるようになってくるのですが,何よりも過去問をチェックするのが一番!択一・記述を問わず,入手できる過去問は全部手に入れちゃいましょう。LECのテキストや市販の参考書にも過去問が掲載されていたりしますね。そういうものに目を通し,傾向を見極めてください。

ここまで,ほぼ「読み込み一本」の私の戦い方を記載しましたが,やはり書いて覚えたいという方もいらっしゃるでしょう。矯正心理の対策として前述したように,想定問答を作成するのが1つの方法です。○○というテーマについて相当量の論述をする場合,いくつかのキーワードを組み込む必要がありますよね。「○○というテーマについては,このキーワードとこのキーワードを入れれば良い」という知識のクラスターを作るのに最適です。めんどくさがり屋さんでも比較的楽しみながらできる対策です。
そしてマメな人にオススメなのが,各キーワード200字or 400字のプチ記述にまとめるという方法。家裁1次記述対策テキストがこの形式をとっているので,参考になります。このテキストに既に載っている記述を何も見ずに書く練習をしても良し,書き写しながら覚えるも良し,心理学概論・応用系テキスト・市販のテキストを用いて自己流の記述を作っても良しです。キーワードごとにプチ記述できるようにしておくと,先程述べた「知識のクラスター」がある程度出来ていれば,そのプチ記述を組み合わせて大論述を完成させればOKですよね。「そんな簡単に言わんといてよ!!プンヾ(`・3・´)ノプン」と思うかもしれませんが。


ではでは,皆さんお元気で♡
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

専門記述対策①(経済)

こんにちは!アドバイザーのT・Mです(=゚ω゚)ノ

私のブログはこれが新年初ですね(^-^)/
新年の挨拶でも書いたように、みなさんのゴールは試験合格ではなく志望官庁から内定を頂くことです。
1月中に志望官庁の説明会には顔を出しておきましょう。

といっても、試験勉強も疎かにしてはいけません。
今回は専門記述対策①経済編です。
経済区分の合格者である私が、二次試験の専門記述の対策について軽く述べます。
(公務員NAVI1月号とほぼ同じ内容になります。ご容赦ください。)

✍いつからはじめたか?
 私はLECの経済ゼミに通学していて、そこで一次試験前に記述の問題に取り組むことはありましたが、記述のための勉強は始めていませんでした。本格的に始めたのは、やはり一次試験が終わってからで、LECの二次直前記述の授業に通いました。また、一次試験までは電車の中で時事対策の本を読んでいましたが、一次試験後からは試験委員の先生が著した本を読むようにしました。

✍具体的な勉強方法
 選択は、経済原論、財政学、経済政策です。この3科目は、択一対策の頃から重点的に勉強し、計算だけでなく、理論もしっかり頭に入れるようにしていました。
 私は、それまでにLECで解いた問題・もらった問題や受けた模試の問題の復習を中心に勉強していました。また、試験委員の先生の本を、何冊かありますが、どの本も1冊まるまる読むことはせず、手持ちの問題の出題に該当する部分のみをしっかり読み込むようにしていました。これは私の勉強方法の特徴だと思います。一緒に勉強していた仲間の多くは、私よりも多くの本、多くのページを読んでいましたが、全てを理解し覚えることに自信がなかった私は、出そうなところをピンポイントで頭に叩き込むようにしていました。このように問題とセットにして本を読むことは、理解の促進につながりました。
 また、理論の説明に関しては、理論ごとに説明文とあわせてノートに書き出し、理論・用語ノート集のようなものを作成していました。

✍アドバイス
 始める時期についてですが、一次試験が終わってからで大丈夫だと思います。ただし、経済原論、財政学、経済政策、この3科目は一次試験対策のころから重点的に勉強しておきましょう。一次では計算問題が多いですが、二次では理論を書かせることも多いので、理論をしっかり頭に入れておきましょう。理論を覚えるより計算が得意という方もいると思いますが、二次試験を見据えて理論の勉強もしっかりしておくことを薦めます。
 記述の問題では、最初は全く書けない、あるいは勉強していても全く書けないということがあると思います。それでも焦りすぎることなく、諦めることなく、自分を信じて勉強を進めましょう。
 また、完璧な答案を書けるようになる必要もありません。わからなくても、とりあえずゴニョゴニョ書けば点数もらえます。
 私自身、模試や問題集で良い結果を出すことができず、本番の出来にも全く自信が持てませんでしたが、試験に合格できましたし、成績を開示したところ専門記述で7割以上取れていました。やはり、諦めることなく勉強し続けることと、それを本番で出し切ることが大事だと思います。

✿オススメの二次試験対策本✿
・試験委員の先生が著した本(具体的な書物名を出すことができず申し訳ありません)
・LECのテキスト・問題集
・模試(他校の模試も受けました)


要点を抜き出すと…
本格的な二次試験対策は、一次試験が終わってからでよい
一次試験対策のころから計算だけでなく理論もしっかり勉強する
スキマ時間に試験委員の先生が著した本を読む
模試の問題などから本番で出題されそうな部分をしっかり読み込む
完璧な答案を書く必要はない
わからなくても、とりあえず書く
諦めることなく、勉強し続ける


以上、専門記述対策①経済編でした。
他の区分についても後日紹介していきます。
みなさん勉強頑張ってください!
ではでは。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

イベント告知

こんにちは!合格者アドバイザーのA.Sです。
みなさん勉強は順調に進んでいますでしょうか?
もし心配事、相談事がある際には、LEC中野本校にいるアドバイザーに気軽に相談しにいらしてくださいね(*^_^*)

さてさて今回はイベントの告知です!

①~既卒受験者集まれ!~
始めの一歩!既卒者面接対策!

日時:1月25日(水) 19:00-20:30
場所:LEC水道橋本校
【参加無料・予約不要・LEC生以外も参加OK】


今年度の既卒アドバイザーが、実際に面接で聞かれたことをリアルにお伝えします!
既卒ならではの聞かれやすい質問や、前職と志望動機をどのように結びつけたかなど、気になる情報が盛りだくさんです。面接の不安を早めにとりのぞきましょう!
※参加予定アドバイザー:既卒アドバイザー

②~中野アドバイザーや公務員を目指す仲間たちと交流しよう!~
★中野アドバイザーによる座談会&受講生交流会★

日時: 1月26日(木) 18:30-20:00
場所:LEC中野本校
【参加無料・予約不要・LEC生以外も参加OK】


今回は、中野配属のアドバイザーと交流ができちゃいます!!
国家総合職(法律・人間科学)をはじめ、国家一般職や都庁・特別区などの事務職や技術職(電気・建築)、家裁調査官補(心理)まで様々な自治体等から最終合格を勝ち取ったアドバイザーが揃っています。
このブログを更新しているアドバイザーも多く参加する予定です
また、イベントを通して受講生同士の親睦を深めちゃおう♪
*参加予定アドバイザー:中野配属アドバイザー(国家総合職・一般職,都庁,特別区,家裁など)


興味のある方はぜひ、お気軽にいらしてください
今後もまだまだ様々なイベントを開催予定です!乞うご期待ヽ(´∀`)ノ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

政策論文について

こんにちは!M.Sです(=゚ω゚)ノ
とうとう2017年になりましたね!いかがお過ごしでしょうか?
皆さんにとって今年が素晴らしい一年になるよう,心から祈っております(´ω`人)

ではでは,本題に移ります。
今日は政策論文について書いていこうと思います!

政策論文ってついつい後回しにしがちですよね。。
私も正直政策論文に関しては過去問を1,2年分解くくらいで,これといった対策はしませんでした(´・_・`)

しかし何もしなくていいのかというとそういうわけではありません。
いくら配点が低いとはいえ,足切りを食らってしまっては不合格になってしまうし,
一点の差で合否が決まることもある試験ですから,無駄な失点はしたくないし,できれば高得点をとって少しでも優位に立ちたいですよね!
では,そのためにどのような対策をすればいいのでしょうか?
総合職アドバイザーの優秀な5人に聞いてみました!是非是非参考にしてください。

〈A.Sの場合〉
LECの映像講義を受け,過去問の回答例から答案の書き方などを学んだ。また,LECのゼミで実際に試験時間内に書く練習をした。政策論文を甘く見ていて,十分に対策しなかったため,試験では悪い結果になってしまった。政策論文でも大きく点数の差がついてしまうので,特に文章を書くのが苦手な人は時間を確保して対策すべきだと思う。
〈M.Nの場合〉
本試験二週間前に国総用・家裁用のWeb講義を1回受講したのみで,書く練習はしなかった。出るかなと思ったテーマについては試験前にテキストの解答例を丸暗記した。時事対策で入れた知識が役に立った。
〈T.Mの場合〉
LECのゼミや模試で書く練習をしていた。教育,科学技術,スポーツ,文化,医療,少子高齢化,労働の分野から,比較的出題されやすいため,文科省や厚労省に関心がある人は,説明会の資料等を読み返すと良い。私の場合は文科省の資料等を読み返し,学歴と賃金の関係のデータ等を頭に入れ,政策を書く際に根拠を示せるようにした。(しかし本番は個人情報の保護についてだった,,)
〈Y.Mの場合〉
市販の論文対策本を買い,国家系地上系全般でよく出る論点を読んだ。書く練習は前日に1度だけ試して,時間内に文字数書けるかを測った。
〈T.Tの場合〉
国家総合職の模試で1回答案を書き,LECの国家総合職2次記述対策講座(コース受講生無料)を申し込み,1回答案の添削を受けました。あと,過去18年分の政策論文の出題内容を見て,政策論文試験のイメージを膨らませました。それと,LEC公務員合格者ブログや他の公務員試験関連のブログなどを見て,政策論文について情報収集しました。加えて,平成28年度の設問が「個人情報の保護について」でしたので,時事で勉強した知識も役に立ちました。ちなみに,私が受講したコースには論文系の講義は付いていませんでした。

以降は蛇足になりますが,政策論文に関する私見を述べさせてもらいます。政策論文は,設問を踏まえて資料を読解し,それっぽいことを資料と関連付けて,ある程度の文章量で論じることができれば,平均点くらいはもらえると思います。平成28年度の政策論文の試験実施状況を見ますと,平均点が5.916で,標準偏差が1.426となっています。ちなみに,基準点は4/10です。他の試験科目の標準偏差〔基礎能力試験:4.509,専門試験(多肢選択式):5.852,専門試験(記述式):5.789〕と比べて,政策論文の標準偏差の値は明らかに小さく(=データのばらつきが小さい),点数が平均点付近に密集していることがわかります。

私は,政策論文の本試験当日,「個人情報の保護なんて書けないよ~」と思いつつも,「適当にそれっぽいことを資料と関連づけて,ある程度の文章量書きなぐっておけば,平均点くらいはもらえるだろう」とも思って,何とか答案を書き上げました。試験時間は2時間と,時間はそれなりにあると思ったので,30分くらい文章の構成を考えてから書き始めました。途中迷走し,自分でも何を書いているのかわからなくなりましたが,とりあえず,解答用紙の表と裏半分くらいを文字で埋めました。成績開示した結果,政策論文の点数は6/10でした。

以上より,政策論文は,それほど差がつかない試験だと言えます。文章を書くことに苦手意識がある方は,時間をとって何らかの対策をされてもよろしいかと思いますが,ある程度適当なことを書ける自信がある方は,配点が高く,標準偏差も大きい専門試験(記述式)に力を入れた方が,総合得点が伸びて,席次も良くなるはずです。

**********

いかがでしたか??
経験に基づいたアドバイスで大変参考になったのではないでしょうか?


今日は政策論文について書きましたが,あくまで,重点を置くべきなのは専門科目と教養科目です!
やることが多くて気が滅入りそうになると思いますが,優先順位をしっかり立てて対策すればなんてことはありませんよ!笑
試験まであと3ヶ月ちょっとです!自信を持って最後まで全力で駆け抜けましょう(*・`ω´・)ゞ
人気ブログランキングへ にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ ←blogランキング参加中!応援してネ!

Appendix

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します

Supported by
LEC東京リーガルマインド

Link

記事検索

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【模試サプリ】はコチラ!
QR

counter

イチオシ!